!!!
love  topic  log  link  other #
#2009.08.11 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / -
#2009.01.02 Friday

コンナオトナノオンナノコ

2007年日本

監督:冨永昌敬
出演者:エリカ 、桃生亜希子 、水橋研二 、斉藤陽一郎 、杉山彦々

作品紹介
『パビリオン山椒魚』の冨永昌敬監督による恋愛エロスドラマ。出版社に勤めるバリバリのキャリアウーマン・チアキと彼女の元同僚で今は寿退社して専業主婦となっているマサミ。まったく違う世界に生きるふたりが、幸せになるために奮闘する姿を描く。
- / -
#2008.09.30 Tuesday

殯の森

2007年日本/フランス

監督:河瀬直美
製作総指揮:ヘンガメ・パナヒ
脚本:河瀬直美
撮影:中野英世
音楽:茂野雅道
出演:うだしげき、尾野真千子、渡辺真起子、ますだかなこ、斉藤陽一郎

作品紹介
「萌の朱雀」の河瀬直美監督が地元奈良を舞台に手掛けたヒューマン・ドラマ。互いに家族を亡くしている認知症の老人と女性介護士の触れ合いを通して、人間の生と死を静かな眼差しで綴る。2007年カンヌ国際映画祭にて審査員特別大賞(グランプリ)を受賞。奈良県北部の山間地に建つグループホーム。そこでは、軽度の認知症を患った老人たちが介護スタッフと共同生活を送っている。その老人のひとり、しげきは亡き妻との思い出を胸に秘めたまま静かな日々を過ごしていた。そんな中、グループホームに介護福祉士の真千子が新しく赴任する。彼女もまた、我が子を幼くして亡くすという暗く悲しい過去を背負っていた…。
- / -
#2008.08.17 Sunday

クワイエットルームにようこそ

2007年日本

原作者:松尾スズキ
監督:松尾スズキ
脚本:松尾スズキ
出演者:内田有紀 、宮藤官九郎 、蒼井優 、りょう 、妻夫木聡 、大竹しのぶ

作品紹介
「恋の門」に続く長編監督作品第2弾!134回芥川賞にノミネートされた大人計画主宰・松尾スズキによる同名小説を映画化。主演に内田有紀、共演に宮藤官九郎・蒼井優・妻夫木聡・りょう・大竹しのぶといった豪華キャストを迎え、閉鎖病棟に監禁状態になった1人の女性が、生きる勇気を取り戻す為奮闘する物語を描く。ライターの佐倉明日香は目覚めると“クワイエットルーム”と呼ばれる女子だけの閉鎖病棟内の保護室にいた。記憶が無く入院する事になった明日香は、様々な問題を抱えた患者達に出会い閉鎖病棟内に馴染んでいくのだが…。
- / -
#2008.02.04 Monday

陰日向に咲く

2008年日本

監督:平川雄一朗
原作:劇団ひとり
脚本:金子ありさ
出演者:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、緒川たまき、塚本高史、平山あや、西田敏行、三浦友和

作品紹介
ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たしてしまった。会社から見放され、取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとする。しかし、電話に出た老婆がシンヤを自分の息子と思い込んで話し始め、二人の間に奇妙な交流が始まる。悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ…。

劇団ひとり原作の小説が映画に。東京に暮すダメな人たちの人生に焦点を当てた群像劇。借金返済のためにオレオレ詐欺に手を染める青年、C級アイドルを追いかけるオタク少年、家族と世間を捨てた男、夫に逃げられ子供も亡くした孤独な老女…日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。主演は岡田准一、宮崎あおい、西田敏行、三浦友和ら。岡田准一のオレオレ詐欺にはかなり心が痛いかも。イケメンなのに出過ぎない“引き”の演技が光る。また、それぞれの登場人物たちがクライマックスで繋がるという練られたストーリー展開に唸らされた。監督は、堤幸彦監督に師事し『そのときは彼によろしく』で長編デビューした平川雄一朗。
- / -
#2007.10.08 Monday

ボーイズ・ドント・クライ

1999年アメリカ

監督:キンバリー・ピアース
脚本:キンバリー・ピアース
出演者:ヒラリー・スワンク 、クロエ・セヴィニー 、ピーター・サースガード 、ブレンダン・セクストン・III 、アリシア・ゴランソン 、アリソン・フォーランド 、ジャネッタ・アーネット 、マット・マクグラス

作品紹介
ネブラスカ州フォールズ・シティに現れた青年 ブランドン。彼は不思議なカリスマ性を持ち、地元の男にはない優しさで誰をも魅了した。彼はこのコミュニティに溶け込み、仲間の1人ラナと恋に落ちる。だがブランドンは重大な秘密を隠していた。彼は女性である現在の性に違和感を覚え、男として生きる道を選んだ”性同一障害”を持つ女性だったのだ。やがてその秘密が明らかになった瞬間、町をある悲劇が襲い…。
- / -
#2007.09.08 Saturday

プラダを着た悪魔

2006年アメリカ

監督:デビッド・フランケル
出演者:アン・ハサウェイ 、メリル・ストリープ 、スタンリー・トゥッチ 、エミリー・ブラント 、サイモン・ベイカー 、エイドリアン・グレニアー

作品紹介
ジャーナリストを目指しNYにやってきたアンディは、世界中の女性が憧れる一流ファッション誌"RUNWAY"のカリスマ編集長ミランダのアシスタントの仕事が決まった。早速、洋服のセンスゼロ!と嫌味を言われながらも、アンディは鳴り続ける携帯と横暴な命令に対応していく。持ち前の頭の回転の速さで仕事をこなしていくアンディだったが、仕事のおかげで私生活がめちゃくちゃになり、彼氏や友達からも冷たい視線をあびるようになってしまう…。
- / -
#2007.08.17 Friday

ショコラ

2000年アメリカ

監督:ラッセ・ハルストレム
出演者:ジュリエット・ビノシュ 、ジョニー・デップ 、ジュディ・デンチ 、アルフレッド・モリナ 、レナ・オリン 、ピーター・ストーメア 、ヴィクトワール・ティヴィゾル 、キャリー=アン・モス 、レスリー・キャロン 、ジョン・ウッド 、ヒュー・オコナー

作品紹介
フランスの小さな村にやってきたヴィアンヌと娘のアヌーク。ヴィアンヌは不思議なチョコレート・ショップを開店する。客の好みをピタリと当て、しかもそのチョコレートは客を必ず幸せにしてしまうのだ。厳しい戒律に縛られた村人の心が解き放たれ、チョコレートのおかげで自由な空気が広がり笑顔があふれた。そんな中、伝統と規律を重んじる伯爵が、彼女達を村から追放しようと村人に働きかけて…。

フランスの小さな村にやって来た母娘が、チョコレート・ショップを開店。そのチョコレートはみんなを幸せにする。不思議なチョコレートを売る母娘のロマンチックなおとぎ話。監督は「サイダー・ハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム。出演はジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ。
- / -
#2007.05.10 Thursday

バベル

2006年アメリカ

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本:ギジェルモ・アリアガ
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
出演者:ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 、二階堂智 、アドリアナ・バラーザ 、エル・ファニング 、ネイサン・ギャンブル 、ブブケ・アイト・エル・カイド 、サイード・タルカーニ 、ムスタファ・ラシディ 、アブデルカデール・バラ 、小木茂光 、マイケル・ペーニャ 、クリフトン・コリンズ・Jr 、村田裕子 、末松暢茂

作品紹介
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、完成度の高い物語を作り上げた。名だたる実力派俳優たちが名演を見せる中、孤独な少女を演じ、海外のさまざまな賞に名前を連ねる菊地凛子の存在感のある演技に、目がくぎ付けになる。
モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け、妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされない日々にいら立ちを感じながら、孤独な日々を過ごしていた……。
- / -
#2007.02.09 Friday

リトル・プリンセス

1995年アメリカ

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演者:リーセル・マシューズ 、エレノア・ブロン 、リーアム・カニンガム 、ヴァネッサ・リー・チェスター 、ラスティ・シュウィマー 、アーサー・マレット

作品紹介
バーネットの不朽の名作『少公女』の映画化。母親を亡くし、父親のクルー大尉の深い愛情を受けて育った少女セーラは、父の任地であるインドで幸福に暮らしていた。しかし、父が戦地に赴くことになった為、彼女はニューヨークの厳格な寄宿学校に入学することになってしまう。最初はインドでのびのびと自由に暮らしてきた天真爛漫な性格の為、独裁者の様な女校長ミス・ミンチンや、クラスメートたちを戸惑わせていた彼女だったが、次第にその魅力で周囲とも打ち解けてきたその頃、彼女の元に父が戦地で死んだという知らせが届く……。
- / -
#2006.04.21 Friday

死ぬまでにしたい10のこと

2002年カナダ

原題:my life without me
監督:イザベル・コヘット
出演者:サラ・ポーリー 、マーク ラファロ 、スコット・スピードマン 、レオノール ワトリング

作品紹介
『トーク・トゥー・ハー』のペドロ・アルモドバルが製作総指揮を務め、2003年10月に劇場公開されるとともにヴァージンシネマ六本木ヒルズにて歴代最高記録を樹立し、日本中を涙で包んだ感動のドラマ。23歳にして余命2ヶ月を宣告されたアンは、そのことを誰にも明かさずに生きる事を決意した。彼女が作った“死ぬまでにしたいこと”のリストには、10の項目が記されていた。死ぬための準備を始めた彼女は、命の期限がわかって初めて「人生を愛する」ということに気付いていく…。
- / -